警備会社

ビジネス

警備会社を経営しよう お仕事編 警備の下請契約

警備会社を立ち上げたら、初めのうちは仕事を取るのは難しいものです。そんな時は、大手が請け負っても人を配置する余裕がない、小さな警備対象先を下請するのもいいでしょう。これは交通誘導警備や常駐警備でも使える方法です。しかも、将来あなたの会社がお...
ビジネス

警備会社を経営しよう 求人編 たくさんの人に会社を知ってもらおう

どのような求人が良いか考えていきましょう。 ハローワークと民間求人サービス ハローワークでの求人は厳しいものがあります。警備業界は不人気です。各地のハローワークでは、わざわざ「警備・建設・介護」の専門窓口を開設するほどです。しかし、公的...
ビジネス

警備会社を経営しよう 組織編 給与体系を構築する

求人で人を集める前に、求職者に提示できる給与体系を構築しましょう。将来的には会社を大きくし、営業所や総務経理、営業部、管理部門を作らなければなりませんが、創業期は目前の仕事をガツガツこなしていかなければなりません。ですから、求人に提示できる...
ビジネス

警備会社を経営しよう 事業計画編 その5 資金繰り

どんな会社起業でも必要な売上計画。それを警備会社という切り口で解説します。
ビジネス

警備会社を立ち上げます。

時勢の変化を反映した、新しい警備会社を立ち上げます。
ビジネス

警備会社を経営しよう 事業計画編 その4

警備会社を起業するのに必要な、売上計画を策定します。現実的な売上計画から資金繰りを行いましょう。
ビジネス

警備業を開業しよう その13 外国人の雇用

どの業界でもそうですが、人手不足は深刻な課題です。 それでも、人員確保の決め手にはなっていません。福利厚生の充実、給与の引き上げは各業界が行っていることです。では、外国人労働者の雇用はどうでしょう。結論から言うと「可能」です。要件と注...
タイトルとURLをコピーしました