quo

ビジネス

警備会社を経営しよう お仕事編 警備の下請契約

警備会社を立ち上げたら、初めのうちは仕事を取るのは難しいものです。そんな時は、大手が請け負っても人を配置する余裕がない、小さな警備対象先を下請するのもいいでしょう。これは交通誘導警備や常駐警備でも使える方法です。しかも、将来あなたの会社がお...
ビジネス

警備会社を経営しよう 求人編 たくさんの人に会社を知ってもらおう

どのような求人が良いか考えていきましょう。 ハローワークと民間求人サービス ハローワークでの求人は厳しいものがあります。警備業界は不人気です。各地のハローワークでは、わざわざ「警備・建設・介護」の専門窓口を開設するほどです。しかし、公的...
ビジネス

警備会社を経営しよう 組織編 給与体系を構築する

求人で人を集める前に、求職者に提示できる給与体系を構築しましょう。将来的には会社を大きくし、営業所や総務経理、営業部、管理部門を作らなければなりませんが、創業期は目前の仕事をガツガツこなしていかなければなりません。ですから、求人に提示できる...
ビジネス

警備会社を経営しよう 組織編 雇用体制の実情

あなたは警備会社の経営者になります。他の業種でも同じですが、会社は人材なくては語れません。人財の考え方です。警備会社は、1号警備(施設警備)・2号警備(交通誘導警備)が主流になりますが、人がいて初めて売り上げが発生します。これは人がそのまま...
ビジネス

警備会社を経営しよう 組織編 指導教育責任者と事業者の関係

これまでは、お金の話をしてきました。これからは、組織体や経営体制・経営ビジョン等を分析していきましょう。 警備会社の起業は、おおむね指導教育責任者の独立から始まります。これは、警備会社の開業に指導教育責任者の在籍が必須だからです。ほか...
ビジネス

警備会社を経営しよう 事業計画編 その5 資金繰り

どんな会社起業でも必要な売上計画。それを警備会社という切り口で解説します。
ビジネス

警備会社を立ち上げます。

時勢の変化を反映した、新しい警備会社を立ち上げます。
ビジネス

警備会社を経営しよう 事業計画編 その4

警備会社を起業するのに必要な、売上計画を策定します。現実的な売上計画から資金繰りを行いましょう。
ビジネス

警備会社を経営しよう 事業計画編 その3

前回は受注見込みの時期と、求人タイミングから起業と事業開始時期を考えました。 それでは、それぞれに応じた資金準備を考えましょう。 大まかに警備会社における出費は、隊員人件費と装備品、家賃、車両費の2つに分けることができます。とり...
ビジネス

警備会社を経営しよう 事業計画編 その2

前回では短期、長期経営ビジョンから事業計画を確認しました。超えるべき壁として資金繰り等を実際の警備業界に沿って考えていきましょう。事業計画の立て方の概要は下記の書籍にあります。ご一読を。 現在のあなたの立ち位置を確認しまし...
タイトルとURLをコピーしました