完全無欠コーヒーを試してみよう 2日目

さて、完全無欠コーヒーを飲み始めて2日目です。そんなに顕著には体質に変化はありませんが、味は気にっているために毎朝が楽しみです。

もともと、コーヒーとバターは好きだったので。しかし、頭はクリアで14時位までお腹が減らないですね。このケトン体のおかげなのでしょうが。

では、ケトン体とはなんなのでしょう。

ケトン体とはブドウ糖と並ぶ体のエネルギー源だそうです。ブドウ糖は体内で12時間しか存在できず、インスリンで分解されて脂肪として蓄積されます。一方、ケトン体は体内の脂肪が肝臓で分解されて生成されます。逆の立場ですね。

色々調べますがなかなか難しいですね。要するに、バターで糖がない状態でも空腹感抑制して、良質な中鎖脂肪酸を摂取して糖ではなく脂肪を燃焼する。こんな具合でしょうか。

しかし、空腹感はないのですが、食に対する欲求はあるわけで。仕事で体を動かしているときはいいのですが、デスクに戻るとストレス(事務仕事は嫌い!)から炭水化物を欲します。そう。蕎麦です。この寒い時期のかけ蕎麦がうまい!遅い昼みをとって、お蕎麦屋さんにGOです。

食べてしまうと眠気が。体も重くなる。体の中でエネルギーのチェンジが行われているのでしょう。これはまいったなと。

今後の様子を見ながら、食生活を変えていかなければなりませんね。

 

About quo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA