警備業を開業しよう その4 警備業の形態は4つ

これまでは「警備業とは何ぞや」「必要な資格者」「経営するなら知っておきたいリスク」を説明しました。これからは具体的な警備業の内容をせつめいしていきましょう。

警備業は4つの区分の分けられています。その1番目。1号警備について説明いたしましょう。1号警備とは「事務所、住宅、興行場、駐車場、遊園地等(以下「警備業務対象施設」という。)における盗難等の事故の発生を警戒し、防止する業務」と定義されています。要するに市役所や大型商業施設の「常駐さん」「守衛さん」がそれにあたります。黎明期は職員や来客者の受付管理、閉館後の巡回がメインでしたが付帯サービスとして「配送業者の受付」「電話取次」等があります。大型病院では、夜間外来患者の受付と電子カルテ入力等を請け負うケースがあります。昔の守衛室でテレビを見ている初老の警備員さんから、なんでもできるサービスマンへとニーズは変わっています。「そこにいる」から「そこで何ができるか」に変化しているのです。

1号警備のもう一つの形態「機械警備」について説明しましょう。最近ではこちらこのことがポピュラーになってきていますね。「セコムしてますか?」「あんしんあんぜんALSOK」とかで知名度を上げていますね。



機械警備とは常駐警備の1つの形態で、人の代わりに機械センサーを設置して、異常があられば警備員の目で確認しに急行するサービスです。「施設の安心安全」を守ることには変わりないのですが、例えば100件の契約先に100人の警備員を配置するより、機械センサーを100件に設置して、2~3人で即応体制を敷いたほうが効率が良いという事情から発祥しています。これにより、警備サービスが一気に普及したといえるでしょう。

機械警備は効率的に警備サービスを提供できますが、常駐警備同様にニーズの変化があります。異常検知で契約先に行くのはもちろん。契約先が無人である時間帯での業者搬入作業の立ち合い。スーパーや薬品庫の冷凍倉庫の温度異常検知時の対応サービス。24時間365日の即応体制を活かした交通事故保険急行サービスなどです。「警備業」というよりも「警備業もできるマルチサービス」が求められています。

警備といえば人ですが、その求められる人物像も変化しています。これまでは「そこのいること」が大きなウエイトを占めていましたが、センサー、防犯カメラ画像解析技術の進展により、1つの施設で5人10人が配置されなくとも、精度の高いセンサーが人の目より確かな確度で異常を検知します。警備員はそこからどんなことができるかが求められます。「AED操作」「救急救命措置」「護身術」等々。機械警備でもそうで、駆け付けて何ができるのかが警備サービスの売りとなります。

後述したい「警備員求職者とのギャップ」でも扱いたいのですが、時流の変化を読み解き適切なサービス設計を行い、求める人材を確定しなけば今後の警備業は経営できないでしょう。

About quo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA